ペット保険の特徴と魅力について

ペットを飼っていない人には聞いたことも無いと思いますが、ペット保険というのが日本で注目されています。ペットに対して保険をかかるペット保険ですが、特徴としては統計的に犬に比べて、猫の保険への加入率がかなり低いです。

最近ではペットは家族と一緒という風潮が強いこともあり、日本で保険に加入している人はペットを飼っている5パーセントほどです。ペット保険は元はイギリスで誕生した物で、ペット先進国であるイギリスの保険加入率は20パーセント以上です。スウェーデンでは、50パーセントで世界一保険の加入率が高いと言われています。

保険は高額という特徴があり、動物病院での医療費はすべて自由診療となるのですべて自己負担になります。そのために保険料が高くなります。日本では健康保険がしっかりしているので人間の医療費がそれほどに高額になることはあまりありません。

その感覚があるために、実際にペットを病院に連れて行った時の医療費の高さに驚く人も多いでしょう。ペット保険は多くのメリットがありますが、ペット保険を扱う会社は多く、加入するかどうかの判断は自身のライフスタイルや家族の収入や意見を尊重して、それに合わせて選択することが肝要です。